お問合せ/お問合せ TEL=0985-25-1191

審美歯科

ホワイトニング
長い間取りきれなかった汚れが、歯の色そのものを変色させてしまい、クリーニングをしてもくすんだ状態…と、お悩みの方や、歯の黄ばみが気になって口をあけることがコンプレックスになっ てしまっている方など、ご自身の元々の歯の色よりも白くしたいという方にはお勧めの治療です。
画像

画像

短時間で白くなります。
特殊な漂白剤を歯の面に塗り、光を照射して反応を促進する方法で歯の変色を脱色する方法です。
通常のホワイトニングは、歯には見えない細かい傷があったりして、そこに薬剤が進入するとかなりしみたり痛かったりすることがありますが、当院のホワイトニングは、特殊な薬剤を使用しており、痛みやしみるということがありません。
また、通常のホワイトニングは白濁したような白さになりやすいのですが当院のホワイトニングは、白く透明感のある仕上がりになります。
ラミネートベニア
ラミネートベニアとは、歯の表面を0.5mmほど削って薄いセラミックの板を張りつける方法です。
ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたい、歯の形、大きさ、歯並びを変えたい、あるい は歯のすき間を改善したい場合に有効な施術です。
歯のすき間を改善したい場合に有効な施術です。
画像
オールセラミック
一般的に自費の前歯は金属の上に陶器を焼き付けています。
オールセラミックは、プロセラやジルコニアという新しいセラミックの上にさらにセラミックを焼き付けてつくります。
より天然歯に近く、 歯ぐきが金属で黒ずんだりすることがありません。
画像
セラミックインレー
金属の詰めものが気になる方、金属アレルギーのある方など、自然の白い歯に近いものをセラミックで作成します。違和感がない程自然で白い歯がよみがえります。
画像
メラニン色素沈着
たばこのヤニなどで黒ずんでしまった歯ぐき。その原因は、メラニン色素の沈着によるものです。メラニン色素除去を行うことで、歯ぐきを健康な色に戻すことができます。 その方法として、お薬で消毒して漂白する方法と、レーザーにてとり除く方法と2種類あります。
画像
page-top